斑尾だより

斑尾高原 田村ペンションのあるじが、思いつくまま書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

古代の北信濃(13) 根塚遺跡

先週、木島平村まで行く用事ができました。
木島平村は、飯山市のすぐ東隣、斑尾からでも30分位で行くことができます。
おいしいお米が取れるところで、「木島平米」というブランドにもなっています。
用事が早く終わったので、先日「通りすがりの昆虫屋」さんから、コメントでご指摘いただいた、根塚遺跡のことを調べてきました。

木島平村根塚遺跡は、平成8年、大区画圃場(水田)整備に先立ち、記録保存のため、調査されました。根津遺跡は石を積み上げた、円墳を中心とする縄文時代から、平安時代までの遺物が出土する遺跡です。
 そして、調査を開始してすぐ、弥生後期に属する2振りの鉄剣が発見されたのです。
これは、今回の柳原の銅戈の発見にも勝るとも劣らない驚きだったようです。
そのうちの1振りは柄頭に1つ、柄尻に2つの渦巻き文があり、「渦巻文装飾付鉄剣」と命名されました。

 現在、実物は、展示されていないのですが、レプリカが木島平村文化センター(だったよなあ・・・ちょっと名前を忘れてしまいました。)で、展示されています。
 写真を写したのですが、非常に写しづらい形で展示されているため、こんな写真しか撮れませんでした。

渦巻文装飾付鉄剣
<<最初に見つかった二振り。下が渦巻文付鉄剣文。全体を写すのが難しかったので、渦巻文を中心に写しました。>>

後の調査で、さらに鉄剣一振りが見つかり、合計3振りになりました。

根塚古墳鉄剣
<<後で見つかった鉄剣>>

それらはその後の研究で、朝鮮半島の南部、当時の加耶地区からもたらされたものであると認定されました。
このことで、弥生時代後期から末期(3世紀)、この地方と朝鮮半島の間で、直接交流があったのだろうと考えられるようになりました。

この発見以来、根塚遺跡は、何年にもわたって、発掘調査されたのですが、平成10年の発掘で、さらに驚くものが発見されました。
 それは、同じく弥生末期のものと思われる、「大」という文字が刻まれた土器の破片でした。 (刻書土器と呼ばれています)
刻書土器
 <<これは「写真」をデジカメで写したものです。レプリカが、上の鉄剣の写真に小さく写っています)>>

  それまで、西日本では2~3世紀のものと思われる刻書土器は、いくつか発見されていたのですが、東日本で文字の刻まれたものは、千葉県稲荷台1号墳の鉄剣、埼玉県稲荷山の鉄剣(いずれも5世紀中半?)が、見つかっているだけで、それらが東日本最古と思われていました。
 このことから、文字は、九州から近畿を通じて、東日本に伝わったと考えられていました。
 しかし、この根塚遺跡の刻書土器の文字は、その特徴が、鉄剣と同じく、朝鮮半島の加耶地方のものと同じであり、やはり、朝鮮半島から直接伝わったもであると考えられるようになりました。

 東日本には、九州、近畿経由ではなく、独自のルートで文字や、鉄剣を初めとする、いろいろな文化が伝わってきた可能性が大きくなってきたと、当時の新聞には書かれています。
 このことは、柳沢遺跡の「銅戈」を考えれば、当然のことといえるでしょう。この、鉄剣、刻書文字をさかのぼることおそらく300年くらい前に、すでに朝鮮半島から「銅戈」が直接伝えられたと、考えられるのですから。
 
 弥生末期、3世紀、それは、あの、「邪馬台国」の卑弥呼の時代です。
「魏志倭人伝」に、生き生きと描かれている、「邪馬台国」。それと同じ時代、この北信濃に、その「邪馬台国」と同じような文化を持った人々が住んでいたと考えて、間違いないと思います。
 日本海を媒介とし、朝鮮半島と行き来する、古来の「越の国」の末裔たち・・。
 そんなイメージが私の頭の中に、浮かんできました。

 帰り道、根塚古墳に行ってみました。
 広く整備された水田の中に、ぽつんとひときわ高くなったところがそれでした。一人の老人が野蒜、蕗の薹などの山菜を採っておられました。
  
根塚遺跡


鉄剣が発見された石組み
 <<古墳頂上。中央の石積みのあたりから、鉄剣が発掘されました>>

 南に高社山、西に斑尾山が望める、陽当たりのよい、丘です。

西に望む斑尾山
<<西に望む斑尾山>>

 ここで、卑弥呼が活躍したあの時代、「渦巻文装飾付鉄剣」を腰に佩いた北信濃の王者が、夕日の沈む斑尾山を見ていたのだろうと考えたら、ちょっと、感慨深いものがありました。
 
スポンサーサイト
  1. 2008/04/22(火) 23:17:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

弥生末期、3世紀に、この北信濃に、朝鮮半島から直接伝えられた文化を持った人々が住んでいた
なんて、ちょとすごいロマンですね!

  1. 2008/04/27(日) 07:05:40 |
  2. URL |
  3. ライス #-
  4. [ 編集]

ライスさん
今年もまた、柳沢の遺跡の発掘が始まっています。また何か新しい発見がないかと期待しています。
  1. 2008/04/27(日) 21:08:34 |
  2. URL |
  3. あるじ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tamupen.blog16.fc2.com/tb.php/101-2bdecf1c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。