斑尾だより

斑尾高原 田村ペンションのあるじが、思いつくまま書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

古代の北信濃(12)

 神話をもう1つ書いてみます。
 
 「出雲風土記」という古代資料があります。
 西暦713年に元明天皇の命で、各地の風土記が作られ、出雲風土記も、733年に完成したと言われています。現存する各地の「風土記」の中で、もっとも完本に近いものです。
 
 その中に、「国引き神話」と呼ばれるものがあります。
詳しいことは、ウィキペディアの「国引き神話」を見て下さい。ここで書いても、丸ごと引用になってしまいそうで・・・(^^;
 簡単にまとめてしまうと、ある神様が、出雲は狭くて未完成な国なので、他の国の余った土地に綱をかけ、を引っぱってきて領土を拡げたという神話です。
 その引っぱってきた土地というのが、「新羅の岬」、「北門の佐伎国」、「北門の良波の国」、「越国の都都」の4個所になっています。
 ここでもやはり、「越の国」が登場します。

 神話なんてものは、所詮嘘っぱち。後世の、例えば「風土記」を編纂した人の作り話だと言ってしまえばそれまでですが、これも、前に書きました「古田武彦さ」んの論なのですが、神話にも、何か一定の歴史的な事実があって、それを語り伝えるとき、文字を持たない人々が覚えやすいように、どんどん面白い物語に変わっていったのではないかということ。私もそう思っています。
 この神話について、古田武彦さんは「盗まれた神話」の中で、大変面白い(といっては失礼ですが)考えを述べられているのですが、それはここでは省かせていただきます。とっても膨大な理論ですので、書ききれません。

 ただ、この神話ができたとき、出雲の国と、越の国は交流があったということだけは間違いないだろうと思います。「出雲は、出雲だけの狭い国だけではなく、ここも出雲と同じなんだよ」と、交流のあった土地を「国引き」という形で伝えていったのではないかと思います。

 それでは、この神話と、「古事記」「日本書紀」の「国生み神話」と、どちらが古い伝承なのでしょう。
 まず、この神話には、九州が出てきません。
 この神話ができたとき、出雲の人々は、九州を重視していない。もしかしたら、知らなかった。少なくとも、交流はなかったのではないか・・。まさか、九州には、綱をかける適当な岬がなかった・・ということではないでしょう。

 それでは、「国生み神話」の方はどうでしょう。「古事記」の国生み神話は、「州」を「島」に、すっかり変えてしまっているので、当然、出雲はおろか、越の国も出てきません。
 「日本書紀」ではどうでしょう。ここにも出雲という地名は出てきません。
 しかし、「大州」という地名が出てきます。これは、従来から日本書紀研究者を悩ませた地名です。「州」を「シマ」と読んでいましたから、「大島」になるわけです。
 日本で、「大島」と呼ばれる島は山ほどあります。九州あたりにもたくさんあるようです。ですから、悩んだ。
 しかし、「州」を、クニと読めば、「オオクニ」となります。
 これは、なじみのある名前、「出雲の大国主命」の「オオクニ」ではないか・・・・と。実はこれは、私独自の発想ではありません。前出、古田武彦さんの「盗まれた神話」に書かれていたことです。
 私は、これを読んだとき、目からウロコでした。きっとそうに違いないと思います。出雲は「国生み神話」が生まれた頃は「オオクニ」と呼ばれていたのではないかと思います。

 そう考えれば、「国生み神話」ができたとき、出雲は認識されていた。交流があった。
 しかし、出雲の「国引き神話」では、九州は出てこない・・・。ということは、「国引き神話」の方が古いのではないか・・・
 このことに関して、古田武彦さんは「盗まれた神話」の中で、(何度も引かせてもらってすみません)次のような考えを書かれています。 
 「国生み」は「矛」から国が生まれるという「武器」の発想。「国引き」は、綱をかけて引き寄せるという「綱」の発想、これはたぶん、漁民の発想だろう。したがって、「国生み」は弥生時代。「国引き」は、縄文時代に生まれたものであろう・・・。
 私も、そうだと思っています。やはり、越の国は、縄文時代から、他の地域からも認識された、進んだ土地だったのだと思います。
 
 ここまで書いてきまして、まだまだ、気になっていること、書きたいことは山ほどあるのですが、そろそろ「手持ちのネタ」だけでは、書けないところまで来てしまいました。
 よって、「古代の北信濃」、しばらくお休みです。
 
 最後のほうは「柳沢」を離れ、時代をさかのぼっていってしまいましたが、これからは、柳沢以後のことを調べてみたいと思っています。
 だいぶ、時間がかかると思いますが、とぎれとぎれでも、続きを書きたいと思っています。その時はどうぞよろしく~。
 
 
スポンサーサイト
  1. 2008/04/14(月) 21:05:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。