斑尾だより

斑尾高原 田村ペンションのあるじが、思いつくまま書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

古代の北信濃(11)

昨日、「国生み神話」が生まれたのは、縄文時代のことだっただろうと書きました。
 その後、少し調べたいことがあって、古田武彦氏の「盗まれた神話」をもう一度、読み返してみました。かなり前に読んだものなので、記憶が曖昧です。
 その中で、「国生み神話が生まれたのは弥生時代だろう」と書かれているのを見つけました。
 氏がそう考えられるのは、国生み神話が、「矛」にまつわる神話だからです。

 「古事記」でも、「日本書紀」でも、まだ大地が渾沌としているとき、イザナギ、イザナミが、天浮橋に立って、天沼矛で大地をかき混ぜた。矛から滴り落ちたものが、積もって島になった。その島で、国生みを行ったとされています。
 「銅矛」それこそ、北九州を中心とする、弥生時代の遺物の王者といえるものです。「なるほど、そうかもしれない」と思いました。
 しかし、私の知識では、弥生時代は、せいぜいBC400年くらいから。そんなに「新しい」神話なのかなあ、と、ちょっと納得できず、もう一度弥生時代について調べてみました。(ウィキペディアですが・・(笑)
 そこで知ったのですが、最近いろいろ研究が進み、弥生時代がどんどん前にさかのぼっていっている、そして、何を持って縄文時代と弥生時代のさかいとするかすら、議論され始めていると言うことです。(私は単純に「土器」の違いと、いまだに思っていました)
 そして、今は、「水稲耕作が行われた」というのを境にしようという意見が大半を占めるようになったと言うことです。
 そこで又、新たに知ったことがあります。それは、縄文時代には、「戦争」のあとが見られない、「戦争」の痕跡が見られるのは「弥生時代」になってからなのだそうです。(そんなことも知らなかったのかと言われそうですね・・)
 そうだとすれば、古田武彦氏の言われるとおり、「矛」の文化は、弥生時代の文化です。戦いのなかった、縄文時代には、「矛」は無用でしょうから。
 私は、考えを改めなければなりません。

それにしても、「水稲耕作」が始まって、戦争が始まったということ。
 水稲耕作が、革命的に食物の生産量が増大した証拠なのでしょう。大量の食料を保存しなければならない。良質の土地も欲しくなる。それら奪い合うようになる・・。そんな構図だったのでしょう。
 それがいまだに続いているのかと思うと、縄文時代に生まれたかったと思ってしまいます。ずいぶん簡単なまとめ方ですが・・・(^^;
スポンサーサイト
  1. 2008/04/12(土) 19:33:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。