斑尾だより

斑尾高原 田村ペンションのあるじが、思いつくまま書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

古代の北信濃(10)

「古事記」「日本書紀」に「国生み神話」と呼ばれる説話があります。
その内容は 「古事記」と「日本書紀」では微妙に違うのですが、基本的にはイザナギ・イザナミの2柱の神様が結婚し、国を生むという「国土創生譚」です。
 「大和朝廷」の歴史である2つの書物の、ほぼ冒頭の部分といってもいいでしょう。ここから国が始まるわけですから。
 ここで、生まれる国、それも、「古事記」と「日本書紀」では違っています。
 古事記では、淡道之穂之狭別島、伊豫之二名島、隱伎之三子島、筑紫島、伊岐島、津島、佐度島、大倭豐秋津島の八個の「島」とされています。
 一方、日本書紀(本文)では、大日本豐秋津洲、伊豫二名洲、筑紫洲、億岐洲・佐度洲、越洲、大洲、吉備子洲の八個の「州」とされています。
 まず、この2つで大きく違っているのは、古事記は「島」と書き、日本書紀では「州」と書いていることです。
 日本書紀には本文の他に「一書に曰く」という形で、日本書紀編纂時に存在した他の歴史書を、書名を伏せたまま引用しています。この、国生みの部分にはその「一書」が5個も引用され、それぞれ内容が少しずつ違うのですが「州」に関しては、全て同じです。

 なんで、こんなに違うのか。
 まず、「古事記」の島名。これは読んでみると、今でも、「ああ、あの島のことだ」とわかる島の名前なのです。(筑紫島→九州、伊豫二名洲→四国、大倭豐秋津島→本州)
 いわゆる「大八島」なのです。
 しかし、日本書紀のほうはどうでしょう。もちろん、「州」を「シマ」と読み替えて、そのまま「島」のものもあります。しかし、とても、島に思えないものもあります。
 このことは昔から研究者を悩ませたようで、「昔は島だった」など無理な解釈をしたり、「日本書紀編者の間違い」ですませたりしていたようです。
 確かに、「国生み」は「国土創生」ですから、具体的な「島」を生んでくれた方がわかりがいい。ですから、古来から、この国生み神話は「古事記」の内容をもって正しいとされていたようです。
 このことに関して古田武彦氏はその著書「盗まれた神話」の中で、明快に、解析されています。
 「古事記」「日本書紀」で書かれている地名に具体的に現在の地名を比定し、結論として、日本書紀の記述「州」が元々の伝承で、古事記は「国生み神話」らしく「島」になおした。と同時に、島と思えないものは、島と思えるものに変えたと、考えられています。
 私も、そうだと思っています。元々の伝承は「州」だったのでしょう。「州」という字は、どこから読んでも「島」ではありません。元々の伝承はおそらく、物理的な「島」ではなく、その頃なんと呼ばれていたかわかりませんが、ムラ(村)とかクニ(国)とかの集合単位を表す呼称だったのではないかと思います。
 
 前置きが長くなりましたが、ここで問題なのは、「越州」です。
 「日本書紀本文」他、5つの「一書」合わせて6個のうち本文を含めて4個に「越州」が書かれています。元々の伝承にはおそらくこの「越州」があったのでしょう。
 これが「越の国」であることは、たぶん間違いないでしょう。そう考えておられる研究者も多数おられます。現在の福井県から新潟県に至る、いわゆる越前、越中、越後の国あたりでしょう。
  「国生み神話」がどこの地区で生まれたか、この神話の中心地はどこだったのか、それは、私にはわかりません。しかし、「大和朝廷の歴史」の最初の部分で、いわば「日本が生まれた」とされるときに、すでに「越の国」が他の7ヶ所と一緒に日本の一部として、認識されていた。そして、他の7ヶ所と交流もあった。
先ほど書きました「盗まれた神話」を読んでから、私はそう考えていました。

 そして、今回の柳沢遺跡に関連して、上越地方と北信濃は弥生時代、同じ文化圏だったことを知りました。
 柳沢遺跡は、縄文時代中期から弥生時代まで続く、古い遺跡です。これらのことから、私は、きっと、この国生み神話の「越州」に北信濃も含まれていたのだろうと思います。
 「国生み神話」が年代的に、いつ頃生まれたものなのか、全く特定することはできません。しかし、紀元をさかのぼること、かなり前のことであったことは推測できます。たぶんそれは、弥生時代より古い、縄文時代のことだったのでしょう。その頃から、この北信濃の地は、「日本の一部」として、政治地図に登場していたのだと、思います。
スポンサーサイト
  1. 2008/04/11(金) 18:00:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。