斑尾だより

斑尾高原 田村ペンションのあるじが、思いつくまま書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

袴湿原に行ってきました。

 今日は梅雨の晴れ間の、空気のすきとおった素晴らしいお天気。文字通りの「五月晴れ」という日でした。
 前から一度行ってみたいと思っていた「袴湿原」。春にはワタスゲの群生が見られるところです。もう時期は遅いのですが、行ってみることにしました。
 出発点は「赤池」です。
赤池


駐車場には「赤池遊森の館」という建物があって、トイレがいつでも利用できます。
遊森の館


出発してしばらくは少し急な登りを歩くことになります。
登り道


回りはブナやカエデの林。明るい木もれ日が爽やかです。
ブナの林


野生の桑の実が色づき始めていました。
桑の実


しばらくのぼると、見通しの良いところに出ました。斑尾高原のペンション村が遠くに見えています。
斑尾高原を見て・・・・


道の脇には、いろいろな野草が可愛い花を咲かせています。
野草


途中にある「袴池」。右側の木に付いている、泡状のものはきっと「モリアオガエル」の卵でしょう。中に小さな黄色い粒がいっぱいありました。孵化するのはもうすこし先のようです。初めて見たので感動しました。
袴池


こんな可愛い花が咲いていました。名前がわかりません。ご存じの方、教えてください。
名前を知らない花


袴湿原に着きました。やはりワタスゲはもう終わっていて、シダが群生してました。
袴湿原


それでもところどころ、ワタスゲの名残を見ることも出来ました。
ワタスゲ


帰りに道はシラカバ林の中。風も冷たく、とても爽やかな、ミニトレッキングでした。
シラカバ林

スポンサーサイト
  1. 2007/06/16(土) 19:31:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。